日本ホリスティック健康科学研究所施設と周辺環境
お問い合わせ
IEB(国際試験認定機構)とは


イギリスに本部を置く「The International Examination Board(国際試験認定機構、略称IEB)」は、
専門知識と職業的経験を資格として総合的に認定することを目的に設立された機関です。
母体はイギリス経営実務者協会(TheSociety of Business Practitioners,United Kingdom、
略称SBP、1953年設立)とマネージング・ マーケティング・セールス協会
(The Managing & Marketing Sales Association、略称MAMSA、1860年設立)です。
この二つの団体は教育・職業訓練の分野で活発な活動を現在まで行ってきました。
またイギリス専門経営協会(Society for Professional Management、略称SPMgt) は、
SBPとMAMSAの傘下機関として、さまざまな職業訓練を行っています。

IEBは大学教育関係者、教育学者、経営学の専門家などによって運営され、
高水準の教育および試験基準を確立しています。
IEBによって認定された職業や資格は国際的に通用するものであり、
開業や就職において重要視されています。




IEBは現在、アジア太平洋地区において積極的に活動を展開。
各地域にセンターを置き、厳格な審査のもと有用な教育・職業訓練を認可し、
資格を認定しています。
2007年には、ホリスティック健康科学研究所がIEB日本センターとして 認可されました。
IEBによって認定された資格研修コース「ホリスティック健康マネジメントコース」は
人間の体と心と生命をホリスティックに捉え、
そのメカニズムを科学的・医学的に検証しながら学び、
ホリスティックな"健康"マネジメントのスペシャリストを育成します。

 

ホリスティック健康科学研究所は、IEBの試験期間として、公式登録されています。
規約に従って、IEBのそれぞれの資格の教育課程に基づいた
管理・運営の権限を与えられています。
公式の保有契約です。




マレーシア オプティマカレッジと学生交流に関する協定を締結しました。




このページのTOPへ